Hakuichi recruitment site 箔一リクルートサイト

岡戸 竹

TAERU OKADO

2016年入社

東北芸術工科大学 芸術学部卒業
生産部 創造工芸工房

作品を通して金沢箔の文化を伝えていきたい。

入社動機・現在取り組んでいる事

大学では伝統工芸である漆芸を勉強してきたので、工芸品に関わる仕事がしたいという思いがありました。会社説明会では、工芸品だけでなく化粧品や食品、内装など金沢箔が色々な形で使用されていることを知り、伝統工芸だけの世界に捉われず様々な分野で金沢箔の文化を伝えられると感じました。また、多くの業界や市場にも関わり、多種多様な価値と刺激を受け成長できる環境が箔一にあると思い入社を希望しました。  
現在は、屏風や飾り皿などの高質品を製作しています。現在は汎用品も経験しながら、クリエイティブな企業内作家を目指しています。つくるだけではなく手にとる人に作品への想いをプレゼンテーションできるように、魅せ方のセンスを鍛えることを怠らないようにしています。

チャレンジすることが仕事を楽しくさせる。

仕事で大切にしている事

当社の商品の中に『十二支金杯シリーズ』があります。そこに描かれている干支の絵のリニューアル・デザイン変更を任されました。自分のセンスだけでなく、この金盃を購入するお客様が何を好まれるかを想像しながら図案を考えました。
入社間もない自分にそのようなチャレンジをさせてくれる会社や、相談すると線1本の描き方から自分が持つ技術を惜しみなく伝えてくれる先輩たち、これらの非常に恵まれた環境で創作ができていると感じています。『十二支金杯シリーズ』の商品化というチャンスをいただいたように今後も期待に応えられるように頑張っています。