Hakuichi recruitment site 箔一リクルートサイト

吉倉 賢司

KENJI YOSHIKURA

2017年入社

神戸学院大学 法学部卒業
生活工芸営業事業

自分の力で、金沢箔の魅力を全国に伝えられる。

入社動機、現在取り組んでいること

就職活動を通して箔一は、金沢の伝統文化を大切にしていると感じました。実際に、説明会に参加した際、全国のホテルや商業施設、新幹線など色々な場所に金箔を使用されているのを見て自分自身で「金沢の伝統工芸品」を世の中に伝えていける仕事だと強く思いました。そこで、製造から販売まで一貫して携わりながら新しいものづくりに挑戦できる箔一に入社することを希望しました。
現在は、金沢箔工芸品を全国の様々な市場に提案営業をしています。金沢箔の持つ力は無限大でまだまだ販路は広がると思い、多くの方に箔の魅力を伝えられるよう日々奮闘しています。

コミュニケーションが自分自身を成長させる。

仕事で大切にしていること

社内外のコミュニケーションを大切にしています。
お客様の要望に合った商品を提案することを心がけています。会話の中で「お客様が求めていることは何か、どうしたら満足してもらえる」かを常に意識して話しています。実際に提案が採用され、売り場に並んだ時の喜びは、次の提案へのモチベーションにもつながります。 また、オリジナル品を製作する場合は、さらに生産部門とのコミュニケーションが重要になります。
お客様が考えるデザインやイメージをどのように金箔で表現するか、話し合いや伝える力が養われます。その積み重ねで、自分自身もお客様も納得のいくものを提供してこれたと考えています。
コミュニケーションの大切さは、自分自身の信頼にもつながると考えています。