Hakuichi recruitment site 箔一リクルートサイト

洞庭 誠治

SEIJI DONIWA

2015年入社

中京大学 現代社会学部卒業
第一営業部 生活工芸営業課

伝統工芸を革新しながら、金沢の良さを伝えたい。

入社動機・現在取り組んでいる事

高校までを金沢で過ごしたのですが、大学で県外に出た時に改めて金沢の伝統産業の良さに気づき、Uターンを決めました。伝統産業の中でも石川県は金箔の生産量が日本一ということで、金箔の業界に入ることで「金沢らしい」仕事に就けると感じました。また、箔一は、斜陽産業と思われがちな伝統産業の中で、革新的な取り組みが多い点で魅力を感じた事も大きな理由です。工芸品だけでなく、化粧品、食品や大型の建築物件まで幅広く、今後も革新的な取り組みをしていく中の一員になることで、自分自身も多くの事を吸収し、成長できると感じたからです。




 

お客様の希望より、満足度の高い商品の提案を。

仕事で大切にしている事

自社で製造から、販売までを一貫して手掛けているため「仕事の流れ」を大切にしています。具体的には、お客様に提案して受注が決まった内容を生産部と調整するため、工場には頻繁に足を運ぶようにしています。どのような流れで生産されているのかを把握する事で、生産途中でのお客様への確認業務や、納品の段取りなどがスムーズになります。またお客様の希望と、箔一が提供できるサービスをマッチングさせ、より良い商品のご提案が出来るよう心がけています。先日もあぶらとり紙の既製品のご希望だったのですが、お客様の要望を聞いてオリジナルのデザインをしたOEM商品が適切だと思いご提案させていただきました。お客様の立場に立って、より満足度の高い商品をご提案していきたいと考えています。