Hakuichi recruitment site 箔一リクルートサイト

TOP MESSAGE社長メッセージ

箔一にとって人材は刺激です。
求む多様性。

Profile 浅野達也 株式会社箔一 代表取締役社長

金沢市出身。
法政大工学部卒業後、米・ワシントン州立大学国際経営学科卒業。
1995年箔一に入社。2009年5月から箔一社長に就任。

箔一の「姿勢」

威風堂々とありたいです。人生はいきなり変わるわけではなく、生まれてから積み重ねてきたものが表面化して今の自分があると思うのです。その人の今を見ていれば過去に何があったか分かる。人も企業も同じです。創業当時、普通に穏やかで金銭的に余裕のある暮らしだったなら、今の箔一はこんな風にはなっていなかったでしょうね。

威風堂々とは、単に虚勢を張るということではなく、人知れず努力もしなければならないし、悩み苦労し、数々の経験を積まなければなりません。そういうことを経た人が威風堂々としていられる、威風堂々となっていくのでしょう。常に誠実に、目の前の課題に真摯に取り組む事。その考え方は箔一メンバーにも伝えていますし、我社の基本となる姿勢です。

伝統産業の「最適化」

「伝統と革新」というキーワードが、箔一の世界観です。金箔産業のみならず、伝統産業全体において、日本らしさの価値を高める一端を担っていく企業としての責任があります。箔一は、自己実現を目指すメンバーにとっては非常に面白い企業だと思います。我々は伝統産業の業界では革新的と位置づけられているようですが、ただ変わった事をしているわけではなく、伝統の根幹は大切に継承しつつ、現代の日常に応用し、実行しているのです。
「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」 我々が昔から日本人としてもっているものを、新しいスタイルに合わせて文化継承していく、「最適化していく」ということが箔一の目指すところです。

人材は刺激。求む多様性。

箔一は「伝統」「金箔」というものを軸にしていますが、用途は多方面に広がり、製品化、事業化して拡大しています。事業の可能性を広げるという意味では様々なジャンル、様々な考え方のメンバーを求めています。逆に言うと人の後追いしかできない人には活躍の場がないのかもしれません。
箔一にとって「人材は刺激」です。刺激をもたらす人を欲し、常に組織を新鮮に保っておかないと企業は死んでしまいます。
特に幹部となる箔一メンバーにはその多様性を理解して、部下の個性を認める技量と腹積もりを持って欲しいと思っています。女性の活躍についても、例えば家事との両立で時間制限があるが故に、集中力と使命感と責任感とが生まれるという場合もあります。ともかく男女関係なく、ステージが変わって価値観の多様性を認識するということが大切です。

志ある者、集まれ。

「やりたい」と声を上げる社員には、チャンスを与える様にしています。箔一では、男女、新卒、中途、という立場は関係ありません。しっかり考え抜き、プレゼンした社員のやる気が認められれば、会社はしっかりとフォローをします。
先ず夢を語り、そして実行すること。最近この実行力がない人材が多くなっている気がします。失敗してもいいのです。実行することが大切です。
長年大きな組織に属していた人は、組織にいたから使えたパワー、予算、人脈を自分のものだと勘違いしていることが多く、転職した先が我々のような少数精鋭の企業では、経験を全く活かすことが出来ない場合もあります。叩き上げ、様々な部署の経験、ものづくりの製造、販売プロセスの経験者はウェルカムです!